葬儀を執り行う際の選べる場所の種類について

葬式

葬儀を執り行う際の選べる場所の種類について

社会人として生活している中で突然の訃報の知らせが届く場合がありますが、葬儀と聞くとやはり一般的にイメージされるのは葬儀場で執り行われる葬儀になります。
ですが日本において葬儀を執り行う場所は様々な箇所があり、家族が希望して選ぶことが可能となっています。
では選べる場所ですが一般的に多いのが、葬儀社の会館葬や斎場葬などがあります。
斎場葬の場合は火葬場も併設している場合であれば移動も楽に行えるので、親族に対して負担はとても小さい葬儀場所といえます。
そのほかに選べる場所となるのが自宅葬になります。
日本の地方ではまだまだ多く残っている葬儀場所の1つであり、故人との最後のお別れの場所と自宅で行うタイプになります。
自宅葬の場合は斎場をレンタルするといった費用が抑える事ができ、祭壇なども小さい規模になるためリーズナブルな費用で借りる事ができます。
会葬者を自宅に多く招く事は難しくなりますが、それでもより故人との別れの時間を過ごす事ができる葬儀場所になります。
そのほかに宗教の観点から寺院葬や教会葬などもあります。